急性の腰痛にはコルセットを

2021年08月28日

こんにちは!大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

早くも8月残りわずかになりましたね。天気予報を観ていると9月になってもまだまだ残暑が続くみたいです。常に水分補給を心がけましょう。

さて今回は急性の腰痛に対してコルセットは必要かどうか、お話したいと思います。

急性腰痛が起こった際に用いられるコルセットには、3つの効果が期待できます。腰の可動性を制限する効果、疼痛の緩和効果、そして安心感が得られます。

ぎっくり腰などの急性腰痛を発症した場合、腰に少し負荷がかかっただけで、とても強い痛みが生じます。

そのため、コルセットで固定することによって腰の可動性を制限し、内臓をある程度固定することにより腰の周りの筋肉への緊張を防ぎ、痛みの誘発を予防します。

腰痛に対してコルセットには疼痛自体を防ぐ効果も期待されています。
痛みがある箇所に対して圧迫を加えると、痛みの神経より圧迫を感知する神経がより働き、痛みを軽減します。

実際、捻挫などのケガを負ったとき、RICE処置という応急処置が施されます。RICEの「C」は英語の「Compression」すなわち圧迫を意味します。

さらに、コルセットは腰にしているだけで安心感を得られる効果もあります。

腰がコルセットで守られていることにより、日常生活を安心して送ることができます。

コルセットはギックリ腰などの急性腰痛を緩和する際にとても有効な対処法ではありますが、長期間利用するのはオススメしません。

安心感があるからと言っていつまでも腰に巻いていると、筋力の低下を招く危険性があります。

そもそも人間の身体には、天然のコルセットとも言える筋肉である腹筋や背筋があり、私たちの姿勢を支えてくれています。

ところが、コルセットに頼りすぎると、姿勢を保つ筋肉を使わなくなってしまうため、筋力の低下につながってしまうのです。

急性の腰痛にはコルセットが有効ですが、慢性の腰痛にはコルセットではなく、天然のコルセットである腹筋や背筋を弱らせないようにしましょう。

大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院でも急性の腰痛に対してのコルセットを用意しているので、適切な装着方法も含めてご提供します。また、腹圧を高めるトレーニングなどもございます。

急な腰痛でお困りの方は大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院にお越しください。

まほろば鍼灸整骨院

腰痛でお困りの方は

日常生活での頭痛の改善方法

2021年08月22日

こんにちは。大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です。

前回は頭痛の種類や原因などについてお伝えしましたが、今回は日常生活での頭痛の改善方法についてお伝えしていきます。

頭痛が起こる原因は様々なものがありますが、日常生活の習慣を少し変えるだけで頭痛は改善していきます。

まず大切なのは睡眠です。患者さんに話をうかがっていても睡眠の質が悪い人はかなりいらっしゃいます。具体的には、睡眠時間の不足を筆頭に入眠障害、中途覚醒など様々なことがあげられます。

睡眠時間は日が変わるまでには寝るようにして、できれば7時間前後の睡眠をとるようにしてください。

また、睡眠を妨げる因子としてスマートフォンの見すぎは要注意です。スマートフォンから発せられるブルーライトは睡眠を妨げると言われていますので、寝る1時間前にはスマートフォンを見るのを控えましょう。スマートフォンのみならず、ゲーム、パソコン、テレビなどで寝る直前まで目を使いすぎると、交感神経が優位になりリラックスすることができずに睡眠の質が低下するので、目を使いすぎる作業は寝る1時間前には終了しましょう。これらのことを意識することで睡眠の質が上がり、筋肉の緊張からくる頭痛が改善するでしょう。

次に、入浴について説明します。入浴をしていない人が意外に多いことに驚かされます。特に暑い時季にシャワーだけで済ませる人はかなり多いようです。暑いため入浴をすると余計に暑くなるので、シャワーで済ませたい気持ちはわかりますが、冷房がどこでもかかっているため意外に足元などは冷えています。日中デスクワークでほとんど動かない人は、冷房で冷やされ血行が悪くなり、筋肉も硬くなります。それにもかかわらず、入浴をせずに挙げ句の果てに冷房をつけっばなしで寝ると、朝起きたときに筋肉がカチカチに固まっていて、頭痛が出るバターンは珍しくありません。ですから、40℃以下のぬるま湯で結構ですので、15分くらいゆっくり入浴していただき、その日の疲れをしっかり回復するようにしてください。そうすれば、筋肉が緩み血行が良くなるので緊張性頭痛が改善するでしょう。そのかわり、熱い温度のお湯に浸かったり、就寝直前に入浴すると交感神経が優位になり、かえって睡眠の質が低下して緊張性頭痛が出やすくなるので注意してください。

最後の改善方法は運動です。入浴後にヨガやストレッチを息をゆっくり吐きながらリラックスしておこなうと、副交感神経が優位になり筋肉が緩むので緊張性頭痛が改善するでしょう。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院では、頭痛でお悩みの患者さんにその人に合った日常生活のアドバイスをさせていただき、頭痛を改善できるようサポートさせていただきます。

頭痛でお悩みの方は、大阪府吹田市江坂にあるまほろば鍼灸整骨院にご相談、お問い合わせください。

 

まほろば鍼灸整骨院

頭痛でお悩みの方は

肩こりがひどいと頭痛になります。

2021年08月20日

こんにちは!大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ここ最近の連日の大雨で、土砂崩れや浸水などで甚大な被害を被っている地域がたくさんあります。これ以上被害が酷くならないように切に願います。
雨が続くとなかなか外にも行けず、リフレッシュが出来ず、運動不足に陥り、身体の不調を訴える方が増えています。

家の中で簡単なストレッチや体操をして、予防するのも良いですね。過去のブログにも身体の状態に合わせたストレッチや体操を紹介しているので参照してみてください。

さて今回は、頭痛と肩こりの関連性についてお話しします。

頭痛で悩んでいる人は全国で4,000万人いると言われています。
頭痛と一言で言っても、その種類や原因は様々で、対処法も異なります。自身の頭痛のタイプを知ることが、症状緩和への近道となります。

頭痛にはいろいろな種類がありますが、日常的によくみられるのは、検査をしても異常が見つからない「機能性頭痛」といわれます。頭痛持ちの患者さんの多くは機能性頭痛だと考えられます。

さらに機能性頭痛にもいくつか種類があります。片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。慢性頭痛である場合が多いです。そんな頭痛の中で、最も多くの割合を占めるのが緊張型頭痛です。

肩こりがひどくて、頭痛もズキズキあるのは緊張型頭痛の可能性が高いです。

緊張型頭痛は、肩や首の筋肉の緊張からおこる頭痛です。 多くは肩こりが見られ、頭の後ろからてっぺんあたりがズキズキと痛みがあります。「肩こり頭痛」「筋収縮性頭痛」とも呼ばれるほどです。

症状は、頭を締めつけられるような頭痛が持続的に発症し、まるでヘルメットをかぶったような圧迫感やはちまきで締め付けられるようなギューっとした痛みなどと表現されます。 後頭部から首筋にかけて、多くは両側におこります。

症状が悪化していくと、稀に発症していた頭痛が、 頻繁に発症するようになり、その後は慢性的な頭痛になります。肩こりが酷い方は頭痛になりやすいので、悪化を防ぐためにストレッチや体操をすることが大切です。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院では肩こりが原因と考えられる頭痛に対して根本改善を目指して施術していきます。

肩こりからくる頭痛でお悩みの方大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院にお越しください。

肩こりからくる頭痛でお悩みの方は

まほろば鍼灸整骨院にお越しください

腰痛にならないための正しい立ち方

2021年08月13日

こんにちは。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です。

当院に来院される患者さんの症状で1、2を争うのが腰痛です。

そこで今回は、腰痛にならないための正しい立ち方をご紹介します。

電車の中で立っている時、道で立ち話をしている時、仕事中立ちっ放しの時など日常生活の中で立っている時は往々にしてあります。

当院に来院される腰痛患者さんの体をチェックしていると、立っている状態が崩れている人が非常に多いです。

片側に重心が傾いて立っている人、かかと重心になっている人が目につきます。このような立ち方になると、骨盤、背骨の位置が崩れて姿勢も悪くなり腰に負担がかかります。この状態の人は崩れた骨盤で座っているので、座っていても腰に負担がかかるのです。

では、なぜこのような立ち方になってしまうのでしょうか。

まず、重心を左右どちらかに崩して立っていると、それが癖になり筋肉が固まっていきます。当然重心をかけている側とかけていない側では、筋肉の緊張感が違いムラができてしまいます。

抱っこしなければならない小さいお子様がいらっしゃる方は、特に気をつけなくてはなりません。自宅にいて、抱っこ紐をしていない状況でお子様を抱っこする時が要注意です。片方の腕だけでお子様を抱き上げ、同じ側の骨盤にお子様を乗せるようにして抱っこをする方が意外と多いです。このような抱っこをして立っていると、片側に重心が崩れていき腰に負担がかかってしまうのです。できる限り両腕で抱っこするように心がけ、どうしても片腕で抱っこしなければならないときは、腕を交互に変えて抱っこするか、長時間の片腕抱っこを控えるようにしてください。

しかし、長時間立っていると、筋肉が疲労してどちらかに重心を崩したくなります。そこで疲労しにくく、腰にも負担をかけない立ち方をお伝えします。

立っている時に横に重心をずらして立つのではなく、前に重心をかけて立つようにしてください。つまり、足指に体重を乗せて立っていただきたいのです。特に足の親指に体重を乗せる意識が大切になります。そうすると、体の中心に力が入り、体重が横や後ろに崩れなくなります。また、その際お尻の筋肉を内側に締めるようにすると、骨盤が起きて自然と姿勢がよくなります。

以上の事を注意して立つようにすると、横にも後ろにも重心が崩れにくく、筋肉の緊張感にもムラが出にくくなり、筋肉疲労や腰痛を防ぐことができます。

大阪府吹田市江坂にあるまほろば鍼灸整骨院では、各患者さんに合わせて日常生活でのアドバイス、セルフエクササイズをご提案し、無理なく安定感のあるバランスのとれた体づくりをサポートさせていただきます。

腰痛でお悩みの方は、大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院にご相談、お問い合わせください。

腰痛でお困りの方は

まほろば鍼灸整骨院

腰痛予防にストレッチポールを

2021年08月6日

こんにちは!大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
8月に入り、暑さが一段と厳しくなりました。

8月5日は大阪の各地で38℃を越えました(;゚Д゚)
熱中症に気をつけて、こまめに給水をとりましょう。

こう暑いと、つい冷たい飲み物やアイスクリームを多くとってしまって、胃腸の調子を崩される方が少なくはないです。
油っこいものやこってりしたものが喉を通らず、そうめんや冷や麦ですましてしまう...そんな方もいらっしゃると思います。

そんな時、土用の丑の日に鰻を食べることは、弱った胃腸を回復させるのにもってこいです。鰻のヌルヌルネバネバ成分であるムチンが胃腸の粘膜を保護してくれます。他にもビタミンA、B、E、EPA、DHA、良質なコラーゲン、たんぱく質も豊富です。
是非、土用の丑の日だけに限らず、夏バテ予防に食したいですね。

 

さて今回は腰痛予防に最適なストレッチポールを使った体操をご紹介します。

腰痛は姿勢の悪さが原因で起こります。そして、その姿勢の悪さは、筋力や柔軟性の低下によって引き起こされます。

例えば、体幹を支える腹筋や脊椎の筋肉である脊柱起立筋の筋力低下は身体が前傾し、猫背の原因になります。また、太ももの裏側の筋肉である大腿二頭筋や、腰椎と太ももを結ぶ筋肉である腸腰筋の柔軟性が低下して硬くなると、脊椎の正常なカーブが保てなくなり、姿勢が悪くなります。

筋力や柔軟性の低下と、反り腰には、密接な関係があるため、ストレッチポールを使い、柔軟性を高めることは、腰痛予防に効果的です。

ではストレッチポールを使って腰の柔軟性を高める体操をご紹介いたします。まず、ストレッチポールを背骨に沿わせるように、背中の下に置きます。次に、腰から下の下半身を脱力した上で、両足をワイパーのようにブラブラと左右に振ります。20秒ほど行いましょう。

その後に、下半身の脱力をしながら、両方の膝を上下に揺らします。これも20秒ほど行います。
そして、次にまた最初に行った両足を左右に振る動作に戻ります
20秒ほど行った後、再び膝の上下運動を20秒ほど行いましょう。

因みに、ストレッチポールとは、硬めの素材で作られた、円柱状のクッションです。
これを使いながらストレッチを行うことで、ストレッチの効果が高まります。

 

大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院でも腰痛予防にストレッチポールを用意しているので、使い方や腰痛予防体操をご紹介します。

 

腰痛でお困りの方は大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院にお越しください。

腰痛でお困りの方は

まほろば鍼灸整骨院