腰痛の方のNG習慣!

2022年07月25日

こんにちは!大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です(*´▽`*)

最近不安定な天気が続いてますが、皆様体調は崩されていませんか?

熱中症対策もしっかりして今年も暑い夏を乗り越えていきましょう!

今日は、腰痛の原因となるNG習慣5つをお伝えします。

ではさっそくご覧ください(´-`).。oO

腰痛のNG習慣 ①長時間同じ姿勢を取り続ける

仕事上立ちっぱなしや座りっぱなしという方がたくさんいらっしゃると思いますが、同じ姿勢での作業は筋肉をずっと緊張させている状態なので、腰に限らず全身の筋肉が強張り血行不良が加わることでさらに症状を悪化させます。長時間同じ体勢が続く様であれば、こまめに休息をとったり、ストレッチをするなどして身体をほぐしましょう。

腰痛のNG習慣 ②柔らかいソファ、ベッドの使用

柔らかいソファを使用すると、身体が深く沈みすぎてしまって悪い姿勢でキープされた状態になります。ベッドに関してはお尻が沈み過ぎてしまうことで腰痛に繋がります。柔らかいソファは長時間の使用を避け、ベッドは柔らか過ぎないものを使用するのがオススメです。

腰痛のNG習慣 ③足元の物を拾うときに膝を曲げずに取る

この前かがみになる姿勢は上半身を腰で引っ張り上げてるため、とても腰に負担がかかります。こういったシーンでは面倒でも膝を曲げるようにしましょう。

腰痛のNG習慣 ④反り腰のクセ

反り腰は腰が反った状態のことで腰に負担のかかる姿勢ですが、背景には骨盤が前傾してる状態があり、腹筋やインナーマッスルの筋力が弱い、使えていないといった方が多いです。またヒールの高い靴を履く方は前傾姿勢になるのを上体を起こすことでバランスをとる為どうしても腰が反ってしまいます。対策としてはお腹周りの筋肉をトレーニングしたり、ヒールの高い靴での長時間の歩行は控えたり、靴そのものを変えるようにしましょう。

腰痛のNG習慣 ⑤身体の状態が悪いままで運動、スポーツ

スポーツが好きな方や健康への意識が高い方は、運動することでストレス発散だったり体力作りに努めることはとても素晴らしいことなのですが、身体の歪みが強い状態で運動をしてしまうと、歪んだ骨格でいろんな動作を繰り返してしまうことで、余計に歪みを強めている可能性があります。腰痛解消のつもりがさらに痛めていたなんてことにならないように、まずは骨格の状態をチェックしてもらうのがオススメです。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院では、一番最初にお身体の状態をチェックし、症状の原因となるところへアプローチしていきます。またお家でのセルフエクササイズも個別で指導させていただき、早い回復を目指します。腰痛でお困りの方は大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください。

腰痛治療について

 

 

 

肩こりの原因トップ5!

2022年07月15日

こんにちは!吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です。

今日は肩こりの症状で来院された患者様の中で

考えらえる原因、シチュエーションのトップ5をお伝えします。

肩こりの原因 第5位 ― 冷え

肩の凝りの原因の大元は血流の悪さにあります。冷えは筋肉を固くし、血流循環を悪くする原因となるので、寒い時期や冷えているときは患部を温めましょう。また夏でもエアコンが効きすぎているのも原因となり得るので、温度の調節をしたりそれが出来ない場合は上着を羽織るなどして対策しましょう。

肩こりの原因 第4位 ― 通勤通学時に重い荷物の持ち運び

次に多いのが通勤や通学時の背負っている荷物が重く肩の筋肉に負担がかかっているパターンです。とくに片側の肩だけにかけるようなバッグは負担がかかりやすいので、交互にかけるようにしたりリュックに替えるのもおすすめです。

肩こりの原因 第3位 ― 悪い姿勢

姿勢の悪さから肩こりに繋がる方も多くいます。猫背の方は肩が前方向の内側に巻き込んでしまうことが多く、それが原因で筋肉が固まってしまったり、常に肩を緊張させた状態を作ってしまっています。肩甲骨が背中で引き寄せ合うように意識することで改善されます。

肩こりの原因 第2位 ― 育児

当院では産後の骨盤矯正でご来院頂く方も多くいらっしゃいますが、皆様決まって肩こりの症状も訴えています。抱っこや授乳、それに加え家事をするとなると肩がこっていてもおかしくありません。避けられない作業は合間に休息をっとったり、肩周りのストレッチをこまめにするようにして、負担がかかるのが長時間にならないようにしましょう。

肩こりの原因 第1位 ― PC作業、デスクワーク

一番多いのはお仕事でのデスクワークです。コロナ禍によりさらにデスクワークの時間が増えたというのもあり、肩こりで来院される方の半数以上がデスクワークの方です。パソコンを使う間は腕が前にある状態で、かつ手先では緻密な作業をしています。こういった動作を肩はブレないように固定します。そのため肩の筋肉は常に緊張しています。こちらも30分に1回は肩を動かしたり、ストレッチをするなどして、緊張し続ける状態を作らないようにしましょう。また呼吸が浅くなって肩が上がったままの方も多くいらっしゃるので、深呼吸をして吐く時に肩の力を抜くようにするのも大切です。

 

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院では全身の骨格矯正と筋肉の調整を行うことにより肩こり予防、緩和をしていきます。

 

また、自宅でできる首、肩周りのストレッチやエクササイズの提案や生活アドバイスもさせて頂きます。

肩こりにお困りの方は大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院にお越しください。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院

肩こりの治療

夏季休業のお知らせ

2022年07月12日

こんにちは、大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です。

夏季休業についてお知らせいたします。

10日(水) 09:00~12:30、15:30~20:00

11日(木)~16日(火)   休診

17日(水)より通常どおりの診療時間となります。

休診日前後は混み合う可能性がございますので、ご予約はお早めにお願いいたします。

ご不便おかけして申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

産後の腰痛について

2022年07月4日

こんにちは!大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です(/・ω・)/

今回は産後の腰痛についてお話いたします。

当院で産後の骨盤矯正をしに来られる患者様は腰痛の症状を訴えている方が多くいらっしゃいます。しかもそのほとんどが妊娠中の頃からと言われています。

なぜ妊娠中から出産を終えてもなお、腰が痛くなるのでしょうか、、、?

妊娠中、だんだんとお腹が大きくなるにつれ身体の前側に重心がきやすいため、上体を反らすようにしてバランスをとる方が多くいらっしゃいます。

この上体を反らせるときに反り腰になってしまうことが妊娠中の腰痛の原因となります。

また妊娠中から産後数カ月の間はリラキシンというホルモンによって骨盤周りの靭帯や筋肉が緩むようになっています。これは赤ちゃんがお腹の中で育ちやすいように骨盤が開いていくのですが、骨盤はとても不安定な状態です。これも骨盤が歪むことに繋がり腰痛の原因となります。

これらの状態が数カ月にわたるわけですからどうしても良くないクセがついてしまいます。

出産後でも腰痛が治らない方はそのクセが染みついてしまっている可能性が高いです。

また歪んだ骨盤もそのままにしていることで身体の動かし方や筋肉にムラができいろんなところに症状がでてしまうこともあります。

大阪府吹田市江坂の産後の腰痛の治療は、まず患者様のお身体の状態をチェックさせていただきます。このとき、足元から診させていただきます。人間は足を土台として立っているため、ここの歪みを放置したまま全身の調整を行っても、立ったり歩いたりしているうちに調整したものが崩れるからです。実際に足元の崩れが原因で全身への症状として現れるケースが多いです。そして骨盤の歪みや反り腰のクセに対してアプローチしていくことで正しい姿勢をつくります。また、お家でしていただくエクササイズをご提案することで、治療により良くなった姿勢を崩れにくくします。産後の腰痛を訴える方の多くは、腹筋が弱いことがほとんどですので、当院に備えております、EMSという機械を使ったトレーニングで寝たまま腹筋を鍛えることで早い回復へと導くことが出来ます。

産後の骨盤矯正による腰痛以外の症状にも患者様に併せた施術とエクササイズの提案を行っておりますので、お困りの方は大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院にお越しくださいませ。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院

産後の腰痛治療と骨盤矯正