腰痛の原因は反り腰かも!?

2022年05月24日

こんにちは!

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です。

皆さま仰向けに寝た時、腰と床の間に隙間ができていませんか?

もしここに隙間ができてしまうという方は“反り腰”の可能性があります!

これは本来は閉じているはずの骨盤が開いてくると、骨盤が前傾しやすい状態となります。

前傾のままだと不安定なので、腰を反らして上体を後ろへ起こすようにしてバランスを取ろうとします。これが反り腰と呼ばれる状態です。

 

反り腰の原因


⬜︎ 筋力の低下、筋力不足

反り腰の原因として1番多いです。

腰回りの筋肉や太ももの筋肉、インナーマッスル(体幹)の機能が低下すると姿勢を維持できなくなり、反り腰になりやすくなります。

⬜︎   体重の増加

妊娠や肥満などの体重増加により、お腹が前に出てくると体の重心が前に移動するので、そのバランスを取ろうとして反り腰を引き起こすこともあります。

⬜︎   ヒールの高い靴をよく履く

ヒールの高い靴は足元から前傾姿勢になるように立っている状態になるので、自然に反り腰になることで姿勢を真っ直ぐに保とうとします。

 

反り腰による腰痛とは


先述してきたように反り腰は腰を反らせている状態のことですが、そのままの姿勢で日常生活を送ると、腰周りの筋肉が過剰に緊張して血流が悪くなり、腰痛へと繋がります。

また反り腰をそのまま放っておくと、腰の脊椎が変形により脊髄が圧迫されることによって発症する腰部脊柱管狭窄症や骨盤の前傾により臀部にある梨状筋という筋肉が過剰に引き伸ばされることにより発症する梨状筋症候群を引き起こす可能性があり、いずれも腰の痛みだけにとどまらず、腰から足先にかけてしびれや痛みが出てきます。

 

 

当院での施術


大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院の反り腰による腰痛の施術は、ご来院の度にしっかりと全身のチェックを行い、反り腰により過剰に緊張している部分を緩めることで正常な姿勢へ戻します。その状態で正しい筋肉の使い方を身体に覚え込ませるプログラムを提案し、患者様一人ひとりにあわせたお家でできるセルフエクササイズを取り入れることで、良い姿勢を定着させます。他にも大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院では筋肉トレーニングが苦手な方でもできる、寝たままで筋肉のトレーニングができるEMSトレーニングをご用意していますので、筋肉不足が気になる方は一度ご相談くださいませ。

 

吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院

反り腰による腰痛

 

 

5/25(水)臨時休診のお知らせ

2022年05月22日

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です。

5/25(水)は臨時休診となります。

ご了承ください。

5/26(木)以降は通常通り診療します。

坐骨神経と梨状筋の関係について

2022年05月13日

こんにちは!大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今回は坐骨神経と梨状筋についてお話しします。

坐骨神経とは末梢神経の中でもっとも太く、長い神経です。腰椎や仙骨から始まり、お尻や太ももの後ろを通って、名前を変えながら足先まで繋がってます。

坐骨神経はお尻や太ももからふくらはぎや足先までの大部分を支配しています。何か問題が起こるとさまざまな箇所に痺れや痛みなどが出てきます。

一部分に出る人もいれば、複数部分や脚全体に出てしまう人もいてます。

多くの場合は繰り返すたびに症状が悪化し、立ち上がるのが大変になる、座っているのも辛い、動けなくなることもあります。

原因としては一般的に、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が発端となることが多いです。しかしそれ以外に、腰に負担のかかる重労働や運動のしすぎ、長時間のデスクワークのような座位が続いたことによる運動不足からなることもあります。

人体の構造上、坐骨神経はちょうどお尻の筋肉のひとつ梨状筋という筋肉の前を通っています。

そのため、長時間の座位姿勢を取っていると梨状筋が坐骨神経を圧迫し、梨状筋症候群となってさまざまな症状を引き起こしてしまうのです。

これを改善するには、梨状筋をストレッチし、ケアする必要があります。

そこで坐骨神経痛を和らげる梨状筋ストレッチのやり方を紹介します。

上半身や脚だけでなく、お尻の筋肉である梨状筋も積極的に伸ばしてみてください。

床に座って梨状筋をねじりストレッチしましょう。

先ず、あぐらを組んで座ります。

そして、上の脚を下の脚のヒザの向こう側に立てます。

最後に立てているヒザに反対側の肘をかけ、体をひねります。

その時、ゆっくりと息を吐き、20~30秒ほどお尻の筋肉を伸ばしましょう。

反対側も同様に行います。

別の坐骨神経痛を和らげる梨状筋ストレッチ方法もあります。

先ず、床に座って手を後ろにつきます。

続いて、両ひざを立てます。

そして、右足を左ひざの近くに乗せて、左ひざを内側に倒します。

最後に手で床を押すイメージで、上半身を前に倒します。

そのままお尻が伸びているのを意識して15秒キープします。

反対側も同様に行います。

大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院では坐骨神経からくる腰痛に対して骨格矯正と筋肉の調整を行います。さらにその方にあった自宅で腰痛を緩和するエクササイズお伝えさせて頂きます。

 

坐骨神経痛と梨状筋について詳しく聞きたい方、坐骨神経からくる腰痛でお困りの方は大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院にお越しください。

まほろば鍼灸整骨院

腰痛でお困りの方は

なんと15,000km離れた南米ペルーからご来院

2022年05月2日

長年、歩行困難、頭痛、嘔吐など様々な症状で悩んでいたAさんが、たった2回の施術で症状が消え歩ける状態になりました!

現在、ペルーに住むAさんは小学生の時から原因不明の歩行困難になり、通学時は介助者が必要で杖がないと歩行できない状況が続き、嘔吐、頭痛、腰痛、背部痛が毎日のように頻発という状態でした。ペルーで長年医師の治療を受けていたようですが全く症状が変わらず悩まれておりました。
今年に入り、日本に住むAさんの御爺様が新聞に掲載された院長の著書「足指の力」をお読みになり、これはAさんの治療に効果があるのではないかと希望を持ち、わざわざAさんをペルーから呼んで当院にご来院されました。
ご来院後は1回の施術で効果を実感され、2回目の施術が終わったときには様々な重い症状が一切消え、杖不要、小走りまでできるようになられました。非常に感動されて喜んでいただけたので、その喜びの声としてAさんと御爺様にインタビューさせていただきました。