整体で自律神経が整うワケとは?

2022年11月25日

こんにちは!大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です(/・ω・)/

本日は整体で自律神経が整う理由についてお話していきます!

まず自律神経とは血圧や呼吸、代謝などの生命維持に関わる役割を担っている神経で、不随意的(無意識)に働いている神経です。自律神経には大きく分けて2つあり、身体を活発に働かせるための交感神経と身体を休ませるための副交感神経があり、この神経のバランスは無意識のうちに24時間バランスをとりながら働いています。

この交感神経と副交感神経のバランスが崩れると自律神経失調症となります。

自律神経失調症は不規則な生活や偏った食事、人間関係やプレッシャーのかかる仕事など精神的要因からのストレスが原因となることがよく知られています。生活習慣の乱れでは、例えば長期の休みの間に、朝起きても朝日を浴びず、ずっと横になっていると働くべきはずの交感神経が優位にならず、その後朝に起きれず、逆に夜眠れなくなったりします。精神的ストレスを感じている間は、交感神経ばかりが優位になり、身体が緊張しきった状態になるのでなぜか休んでいても休んだ感じがせず、体調不良になったりします。しかし、これらの原因に心当たりのない方もいらっしゃり、その方たちは身体的なストレスが原因の可能性があります。

というのも、各器官からつながる神経は交感神経では背骨で経由し、副交感神経では首・仙骨(骨盤)で経由し、そこで神経の伝達が行われています。そのため、背骨や骨盤の歪みが原因で神経の伝達がうまくいかず、自律神経が乱れてしまうことがあります。

つまり、整体で背骨や骨盤を整えることで自律神経失調症の改善が期待できます。

また先ほど挙げた生活習慣や精神的ストレスが主な原因の方の場合でも、整体をすることで自律神経の伝達が良くなり、症状が緩和し、生活リズムを整えやすくなるのでとてもおすすめです。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院の整体は、自律神経失調症に対し、全身の筋・骨格調整を行い、背骨や骨盤の歪みを取り除きます。また大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院は筋・骨格だけでなく、内側からのアプローチも可能です。内側というのも筋肉量に着目したケースや腸内環境を整えるための食事指導などにも力を入れてます。

自律神経失調症の整体をご希望の方はお気軽に大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院までご相談ください。

 

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院

自律神経失調症にはぜひ整体を

慢性的な腰痛でお悩みの方、普段使っているものが原因かも!?

2022年11月16日

こんにちは!大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です(/・ω・)/

 

本日は慢性的な腰痛でお困りの方に普段ご自宅で使っているものが原因となっている場合がございますので、その原因となり得る物についてお話いたします!

 

さっそくですが、まず一つ目にソファです。

ソファが柔らかすぎたり、ソファに長時間同じ体制で座っていると、腰が沈んでしまい、そこに体重がかかって腰痛を招くことがあります。

またお尻の位置が背もたれから離した状態で後ろに倒れるように座ると、足が浮いた状態となりより体重が腰に集中してしまいます。

ですので、ソファに座る時はしっかり腰を背もたれにピッタリつけて長時間座り続けるのは避け慢性的な腰痛を改善しましょう。

他にもソファと同様に車のリクライニングも倒した状態で背中に体重がかかってしまうのも腰には負担となります。

倒しすぎず、姿勢良く座れる位置に背もたれを調整して背中からお尻までが全て椅子に付くようにしましょう。

 

次に注意しなければならないのはマットレスです。

ベッドも柔らかすぎると腰痛を引き起こします。

柔らかすぎるマットレスは仰向けや横向きになった際に腰が沈んでしまい、そこに体重がかかって腰に負担がかかります。

だからといって硬すぎるマットレスもよくありません。硬すぎてしまう場合、身体を支える面が点となり、そこに圧が集中してしまうため、その部分ばかり負担がかかり痛みに繋がります。

マットレスは柔らかすぎず、硬すぎず、適度に身体一面をサポートしてくれるようなものを選びましょう。

ソファやマットレスを改善しても慢性的な腰痛が緩和されない場合は、他の原因が考えられます。

大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院では慢性的な腰痛が治らないという方に対して全身の骨格矯正と筋肉の調整を行います。さらに患者様お一人ひとりにあわせた自宅でできる腰痛を緩和させるエクササイズお伝えさせて頂き、実際にやってもらうことで整体で整えたお身体の良い状態を維持させることができます。

ソファやマットレスを変えても慢性的な腰痛が緩和されなくて、お困りの方は大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院にお越しください。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院

慢性腰痛でお困りの方

肩こりのセルフケア方法

2022年11月9日

こんにちは!大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です(/・ω・)/

本日は当院でもお悩みの多い肩こりに対するセルフケアをご紹介します!

①肩、首を温める

凝り固まってしまった筋肉に対して温めることで、血行が促進され、筋肉の緊張緩和が期待できます。温め方としては、入浴の際にしっかり肩まで浸かるのが取り入れやすいと思います。またバラエティショップなどでも売っているホットパックでも温められます。身体が温まることで、リラックス効果もあり、疲労回復にも繋がるのでオススメです。

②ストレッチ、運動

ストレッチや運動などで筋肉をほぐし、血流を良くすることでも肩こりはかなり解消されます。お仕事中でも合間に肩周りをぐるぐる回したり軽くストレッチをするだけでも、現状より改善されるので是非お試しください。また首のストレッチも肩こり解消に効果的です。そして適度な運動は全身の血流が良くなり代謝が上がるので、定期的に運動をすることでお身体の血流の良い状態が持続されるのでオススメです。

③良い姿勢を心がける

肩こりでよくありがちな姿勢が猫背、巻き肩です。これはどちらも肩甲骨の位置に問題があり、それに伴い筋肉が引っ張られたり圧迫された状態が続き、痛みやだるさに繋がります。

また首と肩は繋がりが深いので、頭が体より前にある状態でも、首の付け根から肩へと症状が広がることもあります。ですので普段から、頭が前に出過ぎないように気をつけ、肩甲骨は体幹としては内側、下方向へと引き寄せあっっていることを意識すると、首や肩への負担は軽減されます。

これらをすでに実行していても症状が改善されない場合、肩や首以外の場所に原因がある可能性があります。その場合はお身体を全体的にみてもらえるような整骨院がオススメです!

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院での肩こりの施術は、まず足元からお身体全体までチェックさせていただきます。足元は肩こりに関係ないと思われがちですが、実は足元が崩れていると全身の歪みやバランスの崩れに直結します。人間は足で立ち、歩き、生活をしている為、ここが崩れるということは身体の土台の部分が崩れている状態で、そこから脚が崩れ、骨盤が歪み、背骨が曲がり、肩が凝るということは珍しくありません。ですので、大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院では、足元からアプローチし、そこから上半身まで問題のある部分をケアします。

肩こりがセルフケアでは間に合わない、何が原因かよくわからないなどお悩みの方はどうぞ大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院までご相談ください。

 

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸

肩こりのセルフケア方法

 

 

 

 

 

産後の骨盤ベルトはいつまでするの?

2022年11月1日

こんにちは!大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です(/・ω・)/

産後骨盤矯正でお越しの患者様から

「産後の骨盤ベルトはいつまでしたら良いですか」

といった質問をよく受けます。

産後に骨盤ベルトをする目的は大まかにいうと“サポート”です。

妊娠中にリラキシンというホルモンの分泌により骨盤周りの靭帯が緩んだ状態となり骨盤が広がっていき、出産後は数日で分泌がとまる方もいれば半年近く分泌している方もいます。

このホルモンにより骨盤が不安定な場合、動きの中で痛みを伴ったり、グラグラして腰が抜けそうだったりして、思うように育児ができないと思います。そういった場合の動作のサポートをしてくれるために骨盤ベルトをするのが適切です。

逆に、出産後から時間もたち、ある程度骨盤も安定してきたのにずっと骨盤ベルトをしていると、自分の筋肉を使わなくなってしまうので筋肉が衰えてしまいます。これでは、筋肉のゆるみにより内臓が下垂して、子宮はいつまでも伸びきったままでホルモンバランスにも影響が出たり、腸の働きが悪くなり便秘になったり、尿漏れもいつまでたっても治らなかったりします。

こういったデメリットもあるので、個人差はありますが、産後2ヶ月前後で外すのがオススメです。ですが一概には言えないので自己判断に任せず、整骨院などで身体を見てもらったうえでアドバイスをしてもらうのも的確なのでオススメです。

 

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院の産後の骨盤矯正は、まずお身体の状態を骨盤だけでなく、足元から全身診させていただきます。理由は骨盤の歪みは足元が整っていない限り、ずっと崩れやすい状態だからです。もっと掘り下げると、足元は身体で唯一、地面と接触している部分であり、身体の土台となっているのです。ですので、土台が崩れている状態だとそこから上に歪みが生じ、それがまた別のところで歪みを作ってしまうのです。こうした理由から治療も足元から調整し、順に下半身、骨盤、上半身を整えていき全身を調整します。

またここで作った良いお身体の状態を維持させるために、当院ではEMSトレーニングを導入したり、ご自宅でできる簡単なエクササイズをお伝えし実際にやっていただくことで、早期に症状の改善を目指すことが出来ます。

そして大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院に産後の骨盤矯正でお越しの患者様の多くは、お子様とご一緒にご来院して頂いており、安心して施術を受けられます。

産後の骨盤矯正やそれらに関するご相談のある方は、大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院までご来院ください。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院

産後の骨盤矯正

ぎっくり腰を予防するための生活習慣

2022年10月25日

こんにちは!大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です(/・ω・)/

本日はこれからの時期気を付けてほしいぎっくり腰の予防するための生活習慣をお話いたします。

先日も当院にぎっくり腰で来院された患者様がいらっしゃいました。腰に急に強い痛みがはしったそうですが、実はぎっくり腰は急に発症するものではありません。

というのも、日常生活での悪い習慣や体の使い方のクセなどが原因で、筋肉の緊張のムラや骨格の歪みにつながり、状態がひどくなるとぎっくり腰を引き起こしてしまいます。

運動をしたり、体が健康になるための治療や施術を受けたりすることはもちろん良いのですが、体にとって悪い習慣を排除するということも同じくらい大切なことです。

では、普段の生活でどのようなことをしているとぎっくり腰を引き起こしてしまうのでしょうか。

当院にご来院の患者さんの例をもとにご紹介します。

まず、ぎっくり腰を起こしてしまう時によくあるシチュエーションが、前屈みをしたときです。前かがみ自体が問題と言うよりは、前屈みの仕方に問題があるのがほとんどです。

それは前屈みをする際に、腰をいきなり曲げるのです。

腰からいきなり曲げてしまうと、体の腰から上の箇所を腰だけで支えなければいけなくなり、大きな負担がかかります。

前屈みをする際は、まず頭から前に倒し、それから背中の上部、中部、下部、腰、そして股関節という順で曲げてるようにすることで、腰だけに過剰に負担がかかることはなくなります。

また、下にある重い物を持ち上げようとした際にぎっくり腰になる方も非常に多いです。

これも先程と同様に腰だけ曲げて重い物を持ち上げようとするせいで、腰にばかり上半身と重い荷物を支えている負荷がかかっている状態になってしまうからです。

この場合はいったんしゃがんでから、下半身の筋肉を使って持ち上げるようにしてください。

そうすることで負荷が分散するので、腰だけに負担がかかるという状態は回避できます。

このケースは、小さいお子さんを抱っこする際にも同様のことが言えます。

お子さんを抱き上げようとした瞬間にぎっくり腰になるといったケースは意外にも多いので、この場合も、いったんしゃがんでからお子さんを抱き上げるようにすることが大切です。

このようにして、正しい体の使い方をクセづけて、ぎっくり腰にならないように予防しましょう。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院では、ぎっくり腰や腰痛の治療や予防するためのアドバイスをしています。

ぎっくり腰や腰痛でお悩みの方は、大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院にご相談、お問い合わせください。

まほろば鍼灸整骨院

ぎっくり腰の予防法

坐骨神経痛で患者様の治療と経過

2022年10月20日

こんにちは(/・ω・)/

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です!

本日は当院に通われている坐骨神経痛でお越しの患者様の治療と経過についてお伝えいたします!

まず坐骨神経痛が出てきてしまう原因としてあげられるのが、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア、すべり症です。いずれも腰への負担により神経が圧迫され引き起こされています。

これらは共通してお腹の筋肉が使えておらず、腰にばかり負担をかけてしまっていることで背中や腰の脊柱の神経を圧迫してしまうのがもっともの要因です。

またそういった疾患をお持ちの方が、一般的な下半身の筋緊張を起こしてしまうと坐骨神経痛に繋がりやすいという傾向があります。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院にお越しの坐骨神経痛の患者様の治療は、まずお身体の状態を全体的にチェックさせていただきます。その時にお身体の土台となる足元から診させていただき、お身体の状態を見極めてから治療に入ります。

治療では骨格や筋肉の調整をします。坐骨神経痛の方は腰や臀部に負担がかかるような姿勢が問題であり、そのため筋肉の使い方にムラがあり、バランスが崩れてしまっているので、正しい姿勢や筋肉の使い方を体に覚え込ませます。そして覚え込ませたものを維持できるように自宅でできるエクササイズをやって頂くことで早期に症状の改善へと導きます。また鍼灸治療により筋肉の緊張を緩和させることで、さらに効果を高めます。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院ではこれらの治療により、坐骨神経痛の症状を早期に改善されている方が多くいらっしゃいます。つい先日も、もともと脊柱管狭窄症であった患者様が転んだ拍子に腰やお尻を打った際に坐骨神経痛の症状がでてきてしまい、足をかばうようにしなければ前に進めず、日常生活において足を上げられないので、衣服の着脱にも時間がかかり、さらにはトイレに座ることすら一苦労だとおっしゃっていましたが、整形外科ではストレッチをしてくださいの一言で愕然とされたようです。それから当院にお越しいただき、三日ほどの骨格矯正と治療で劇的に症状が緩和され、日常生活の作業はほとんどできるようになり、歩行も足をかばうことなくキレイな姿勢で歩けるようになられました。患者様からも「外を歩くのが楽しみになりました」と言って頂き、当院もとてもやりがいを感じております。

同じ様に坐骨神経痛でお困りの方は、是非一度、大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院までご相談ください。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院

坐骨神経痛でお困りの方

整体の必要性

2022年10月6日

こんにちは!

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です(๑>◡<๑)

本日は当院の整体はどのようなものか、そもそも整体の必要性についてお伝えいたします!

まず整体とは手技によって骨格や筋肉のバランスを整えることを指します。

日常生活を送る上で、皆様の身体はどうしても歪みを生じてしまう可能性があります。この状態がずっと続くと、骨格が歪み、筋肉が緊張し、それを脳が自然とバランスを取ろうとしてさらに歪みを作ってしまいます。

例えば、お仕事でずっとパソコン作業をするという方は、座りっぱなしで、腕はずっと前にある状態で固定させ、顔はずっと画面を見た状態ですよね。これをこのままケアせずにいると、下半身の血流が悪くなり疲れやすくなります。腕を支えている肩は緊張状態が続き凝りやすくなります。長時間パソコンを見ていることで目や頭も疲労を起こします。姿勢が悪い人であれば猫背になり、首が前にでてる状態(ストレートネック)になってしまう場合もあります。

お仕事一つとってもお身体は歪みを生じてしまいますので整体が必要であることがよくわかりますよね。

そこで大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院では、まず整体の必要な患者様のお身体の状態を足元から頭までチェックさせていただきます。足元からチェックする整骨院はもしかしたらそんなに多くはないかもしれませんが、実は骨格を整える上で最も重要なのは足元なんです!

理由としては地面に接しているのは足元であり、ここが不安定な状態になると、そこから歪みを作り、それをまた歪みでカバーする様になり、お身体のいろんな部分が歪んでしまうのです。

ですから、大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院では足元からチェックし、施術を行います。

そして骨格や筋肉の表層、深層のバランスを整えることで、普段の生活でできてしまった歪みを改善し正常な状態へ戻します。ここで作ったお身体の良い状態をキープさせるために、当院ではEMSというトレーニングによりインナーマッスル(姿勢保持の筋肉)を鍛得ることができたり、おうちでできる簡単なエクササイズを行います。

お身体の調整に加え、キープさせるためのトレーニングをセットで取り入れることで、普段の生活でも崩れにくいお身体づくりを実現いたします。

またインナーケアについてもアドバイスさせていただくことも可能ですので、トータル的なサポートもいたします。

お身体のことでお悩みの方は大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院までご相談ください。

まほろば鍼灸整骨院

整体の必要性

 

 

ヒールの高い靴による腰痛の原因

2022年09月26日

こんにちは!大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

本日はヒールをよく履く方に多い腰痛の原因と関係性についてお伝えします!

ヒトは、平坦な地面を裸足で歩くときに本来の歩き方ができます。踵から地面に着地し、つま先にかけて重心を移動させ、そのまま足の指を地面に這わせた状態からしっかりと地面を蹴って次の一歩を踏み出す、この流れが本来の歩き方で、姿勢も前後左右安定させることができます。

ここで高いヒールの靴を履くとどうなるでしょうか。ヒールに対して地面と同じように垂直に立とうとすれば身体はかなり前かがみの姿勢になりますよね。ヒールの高さによっては前に転んでしまうかもしれません。ですが、倒れずに立って歩けるのはなぜでしょうか。

そこに腰痛になる原因があります。前かがみになってしまう身体を腰が反っている状態を作って上体を起こしているからです。これはいわゆる反り腰という状態です。

つまりヒールの高い靴を履けば自然と反り腰の状態をつくり、自然と腰が痛くなる原因となるのです。他にも理由があり、人間は足の指を使って歩くことで、バランスがうまく取れたり、スムーズな歩行をすることができます。しかし、ヒールの靴を履いた状態では、足の指の動きは制限され、足の筋肉の動きはなめらかに使えず地面に足を打ち付けるような歩く方になります。そのため、脚は疲労しやすく、打ち付けた衝撃が膝や腰に響き腰痛につながることもあるのです。

こういった背景により高いヒールの靴は腰痛に直結しやすいです。しかし、仕事の都合上帰れないといった理由や、おしゃれで履きたいという気持ちももちろんあると思いますので、そういった方はヒールを履く日は合間に休憩をとったり、帰ってから足の指からほぐしてあげるなどしてヒール靴による腰痛の予防をしましょう。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院では、足元の施術を重点的に行っておりますので、ヒール靴による腰痛治療に最適です。治療以外にもおうちでできる簡単なエクササイズもお伝えするので、ヒール靴による腰痛もご自身でセルフケアできるようになります!また他の原因による腰痛施術や他の症状にも対応しております。

お身体のことでお困りの方は大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院までご相談くださいませ。

腰痛でお困りの方

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院

 

肩こりの原因は日常生活から!

2022年09月9日

こんにちは!大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院です!*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*!

さて今回は肩こりになる原因についてお話します。

まず肩こりとは一般的に首から肩や背中にかけての筋肉のこわばり、だるさ、重さ、疲労感、痛みを感じる症状です。

私たちの肩は、首や腕、肩甲骨に加えて、約5~6キロもある頭の重さがのしかかっています。

つまり肩の筋肉に負担がかかりやすいのです。

特に日本人の身体は、筋肉量が少ないので筋肉への負担が大きくなり、肩こりの症状を起こしやすいともいわれています。また女性は男性より筋肉量が少ないのでより肩こりを感じやすいです。

さらに、デスクワークや運転など長時間同じ姿勢を続けたり、精神的ストレスを抱えているなどの条件が加わると、肩の筋肉の緊張が強くなり血液の流れが悪くなったうえ、疲労物質が溜まります。その結果、肩こりの症状が生じます。

ここから肩こりの原因についてお話します。

肩こりの原因は稀に深刻な病気の症状として現れるケースもあるので注意が必要ですが、日常生活が原因で引き起こされていることがほとんどです。

普段からの姿勢の悪さや長時間のデスクワーク、運動不足、ストレス、眼精疲労など、気づかないうちに血行不良や筋肉減少、自律神経のバランスの乱れを招いてしまっていることで肩こりが起きているのです。

ですので生活習慣を見直すことで、肩こりの緩和、予防が期待できます。

(病気が原因となって起こる肩こりの場合は、医療機関での診察が必要です。)

また肩や首の関節に何らかの異常があって肩こりが生じる場合があります。

四十肩や五十肩と呼ばれる肩関節周囲炎は、肩関節の周りの組織に炎症が生じたものや頚椎症や椎間板ヘルニアなどの首の症状として、肩こりが現れていることがあります。

これらも先程と同じように日常生活の過ごし方が原因となっている場合が多く、患ってしまうと治るのに時間がかかってしまう傾向にあるので、普段から気を付ける必要があります。

大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院は全身の骨格矯正と筋肉の調整を行うことにより肩こり予防、緩和をしていきます。また、自宅でできる首、肩周りのストレッチやエクササイズをお伝えさせて頂くことで、治療効果を持続させることができます。

普段から肩こりを感じている方は大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院にご相談ください。

まほろば鍼灸整骨院

肩こりでお悩みの方は

産後骨盤矯正でダイエット

2022年08月30日

こんにちは!大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です(/・ω・)/

今回は産後骨盤矯正でのダイエットについてお話します。

産後のママさんのダイエットのお悩みの一つにぽっこりお腹があります。
体重は元に戻ったのに、見た目は下っ腹がぽっこりしたままでそれに加えて腰に負担がかかり慢性腰痛に悩まされている方もいらっしゃいます。

出産後にお腹がぽっこりしたままなのは、単に脂肪がついているからだけではありません。いくつかの原因が考えられますが、その一つにあげられるのが骨盤と関係しています。

妊娠中や出産までなの過程で欠かせないのが関節や人体を緩ませるリラキシンというホルモンの分泌で、妊娠中はお腹の中で赤ちゃんが成長しやすいように、出産時には産道を広げるためにあります。そのためママさんの骨盤は大きく広がってしまうのです。

産後は産前の筋肉疲労によって骨盤の支えが弱くなってしまうため、広がった状態から締めることができなくなってしまいます。

この開いてしまった骨盤によって、腹腔に空間ができ子宮や腸などの内臓が下垂し、結果としてお腹がぽっこりと出た状態になってしまうのです。

これは脂肪がついたわけではなく、内臓が下垂してしまったことが原因なので、体重が戻ったとしてもぽっこりお腹は元には戻らないというわけです。また、内臓下垂が解消されると見た目だけでなく、内臓機能も改善されるので代謝が上がります。

つまり産後の骨盤矯正をすることで、見た目のダイエットも内側からのダイエットも実現します。

タイミングとしては産後2.3ヶ月~6ヶ月ごろが一番効果的ではありますが、それ以降でも可能です。詳しい産後骨盤矯正の時期については過去のブログをご参照ください。

骨盤を矯正し、正しい位置に戻すことにより、ぽっこりお腹や下半身のむくみ、慢性的な腰への負担からくる痛みや尿漏れなどを解消することができます。

大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院では産後骨盤矯正に対して、骨格矯正と筋肉の調整をしています。また産後の骨盤矯正だけでなく、ダイエットの指導として食事療法や運動療法などのご提案もできますので、ご希望の方はお申し付けください。

また当院ではベビーカーもベッドサイドまで運ぶ事ができ、お子さまをベビーカーに乗せた状態で治療を受けることができますので、どうぞ安心してお子さまも連れてきてくださいね。

産後骨盤矯正で骨盤の矯正とダイエットをされたい方は大阪府吹田市江阪のまほろば鍼灸整骨院にお越しください。

まほろば鍼灸整骨院

産後骨盤矯正でダイエット


1 2 3 4 5 26