腱板損傷

スタッフ写真こんな症状でお悩みではありませんか?

  • このようなことでお悩みはありませんか?
  • 腕をあげる瞬間に痛くて力が入らない
  • 病院で腱板断裂・腱板損傷と言われたが、安静にしていたらずっと痛いままでどうしたらいいのか分からない
  • 手術したが肩が上がらない
  • 野球などで投球すると肩が痛い

腱板損傷とは?

40歳以上の男性によくみられ、60歳でピークを迎えます。

転倒したり、加齢などで筋肉が弱くなっていくことで腱板の筋繊維が切れることがあります。これらは痛みが強く、夜間痛で十分な睡眠が取れないことが多くあります。

また、腕の挙上ができず、自身の力では腕を上げることが難しくなります。多くの方がこれらの様な肩の運動障害・運動痛・夜間痛を訴えます。五十肩と違うところは関節の動きが固くなることが少ないことです。

腱板を傷めやすい動作は、高い棚に持ち上げたり、腕を伸ばして後ろの荷物を取ろうとしたりといったことが多くあります。また転倒した際に肩を強打したり、手をついたりした際などにこれかがきっかけで腱板を痛めてしまいます。

 

腱板損傷に対する治療法は?

腱板損傷の治療法としては保存療法やリハビリなどが一般的です。

大きな断裂がない場合は肩周りのトレーニングやストレッチなどで筋肉、関節の動き可動域を改善して症状を抑えていきます。肩を痛めたあとは肩が拘縮していく原因になる事からしっかりとリハビリをしていく必要があります。
施術写真

執筆者:柔道整復師
まほろば鍼灸整骨院 院長 山田 真

まほろば鍼灸整骨院 院長 山田 真

資格取得後、様々な整骨院で経験を積み、まほろば鍼灸整骨院を平成21年4月に大阪府吹田市垂水町にて開院しました。人間の土台である足元からの矯正に絶対的な自信があります。一人一人その日の状態を必ず毎回詳細にチェックした上で、痛い箇所だけにアプローチをするのではなく、足元から崩れているのであれば足元から丁寧に矯正しています。

詳しくはこちら