ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 急な痛みが起き少しの間動けなくなった
  • 「異常なし」と言われたがずっと痛む
  • 他の整骨院にいっても良くならない
  • 病院で検査してもらったけど原因がわからない

ぎっくり腰とは?

「ぎっくり腰」は急に起こった強い腰の痛みを指す一般的に用いられている名称で、病名や診断名ではありません。何か物を持ち上げようとしたとき、腰をねじるなどの動作をしたときなどに起こることが多いですが、朝起きた直後や何もしないで起こることもあります。正式名称は筋・筋膜性腰痛症といいます。

腰痛症の中で、筋・筋膜性腰痛症がかなりの割合を占めています。筋膜性腰痛症の症状は動作時の腰痛を主体とし、安静をとると軽減します。腰背筋膜は腰部全体を覆っているので、痛みの部位も骨盤の両脇から、仙骨、背部にいたるまで、さまざまです。

ぎっくり腰の原因とは?

痛みの原因はさまざまで、腰の中の動く関節や椎間板に許容以上の力がかかってけがしたような状態(捻挫、肉離れ、椎間板損傷)、腰を支える筋肉や、腱、靱帯などの柔らかい組織の損傷などが多いと考えられます。この背景には、普段の姿勢不良、運動不足による筋力低下などがあります。

当院のぎっくり腰施術は?

当院ではこうした腰痛に対して骨格・骨盤矯正をメインに深層筋にもしっかりとアプローチをして、表層筋とのバランスを整え全身の矯正を行います。

また運動療法によって骨盤・股関節・椎間関節などの可動域を拡大させ、痛みの施術だけでなく機能の回復に力を入れています。

腰痛・ぎっくり腰を再び引き起こさない身体を手に入れたい方はまずはご相談ください。