眼精疲労

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 遠くのものが見にくくなった
  • 新聞などの文字が見にくい
  • 眼が乾燥する
  • コンタクトや眼鏡が合わなくなった
  • 眼からくる頭痛が酷い

眼精疲労の症状とは

テレビやパソコン、スマートフォンなどの眼を使う作業や仕事を続けることにより、眼痛・かすみ眼・充血などの眼症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休養をとっても十分に回復しない状態です。物がかすんで見えたり、見えにくい、目が重い、目が痛い、目が疲れる、まぶしい涙がしょっちゅう出る、目が赤くなる、目が乾く、物が二重に見えるなどです。

なぜ眼精疲労が起こるのか

テレビやパソコン、スマートフォンなどのVDT(Visual Display Terminals)作業が長時間続くことで眼精疲労につながります。今はタブレットやスマートフォンなどの情報端末が普及し、 3D映画のヒットを発端に家庭でも3Dテレビや3Dゲーム見られるようになり一日中眼を酷使しています。最近では子供にとっても携帯電話やパソコンが身近な存在になっており、「疲れ目」を訴える子供たちも少なくありません。

まほろば鍼灸整骨院の眼精疲労治療

吹田市の江坂にある、まほろば鍼灸整骨院の眼精疲労治療は、御来院の度に毎回しっかりと全身のチェックを行い、眼精疲労と関わる筋肉の状態を見極めます。その上で、骨格矯正と筋肉調整により、人間の自然治癒力を高めるとともに、眼精疲労につながる身体の歪みや姿勢のクセを矯正していきます。