頸椎捻挫・頸椎損傷

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 交通事故の後、首に違和感がある
  • むち打ちだと思うが、きちんと施術していない
  • 病院では異常なしといわれたが首が痛い
  • 湿布や飲み薬を使っているが良くなる気配がない
  • 交通事故の後肩こりが酷くなった気がする

頸椎捻挫って何??

「頸椎捻挫・頸椎損傷」という言葉を、聞いたことはありませんか?

首の骨には頸椎があります。頸椎は,7個の椎骨からなるもので,脊柱の上部を構成するものです。頸椎は上部の椎骨から順番に,第1頸椎(C1)~第7頸椎(C7)と呼ばれており,各椎骨の間には,椎間板と呼ばれる円形の線維軟骨が存在し,椎体(椎骨の円柱状の部分)にかかる衝撃を吸収する役割を果たしています。

むち打ち損傷とは,交通事故等による外部からの衝撃により,頸部(首)がむち打ったように過度に伸縮した結果,頸部の筋肉,靭帯,椎間板等の軟部組織や骨組織が損傷することを総称した用語です。

このように,むち打ち損傷は,損傷そのものではなくその受傷機転(損傷を負うこととなった原因)を示す用語であり,病名ではありませんので,医師の診断書に「むち打ち損傷」と記載されることはなく,「頸椎捻挫・頸部捻挫・頸部損傷・頸部挫傷・外傷性頸部症候群」等と記載されるのが通常です。

交通事故後,頭・首・肩・腕・背中等の痛み,めまい・しびれ・知覚異常・倦怠感,吐き気・微熱・睡眠障害・情緒不安定等に陥り,自分の診断書に前述のような病名が記載されている方は,いわゆるむち打ち損傷を受けたものということができます。

交通事故の後はすぐに施術を受けることが重要です!

頸椎捻挫は交通事故後の患者様が自分では気づきにくい症状です。

骨折などのように目立った外傷・症状はありませんが、痛みやめまい、だるさなどを引き起こすもので、見た目で判断しやすい症状ではないからです。

また頸椎捻挫・頚椎損傷は交通事故すぐに発症せずに何日か後に起こる場合もあります。身体の不調を起こしている原因が以前の交通事故だとは気付かず、いずれ治るだろうと放置してしまう患者様も非常に多いです。

頸椎捻挫や頚椎損傷は放置したままだと症状が慢性化してしまう恐れがあります。
そのため、交通事故に遭ったならその日のうちに医療機関の受診をお勧めします。

吹田市江坂まほろば鍼灸整骨院の頸椎捻挫の治療

大阪吹田の江坂まほろば鍼灸整骨院では、たとえ病院で頸椎捻挫・頚椎損傷と診断されなくてもその疑いがある場合はしっかりと治療していきます。頸椎捻挫・頚椎損傷は目に見えない不調として現れる症状ですが、痛みや痺(しび)れによって首周辺の筋肉を動かすことができなくなってしまうので、首や肩周辺の筋力の低下が見られることも重要な症状の一つです。

筋力の低下は身体を動かしにくくなるだけでなく、筋肉の制御が上手くできなくなってしまうために肩こりなども引き起こしてしまいます。そのため、吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院では元の筋力を取り戻すための指導も同時に行っております。事故後にしっかりと対応して、早期回復を目指しましょう。

吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院ではこうした交通事故後の頸椎捻挫・損傷に対して骨格・骨盤矯正をメインに深層筋にもしっかりとアプローチをして、表層筋とのバランスを整え全身の矯正を行います。また運動療法によって頸椎などの可動域を拡大させ、痛みの治療だけでなく機能の回復に力を入れています。 また一人ひとり丁寧な問診を行うことを心掛けており、症状や原因によっては痛みの原因と考えられる頭蓋骨や顔面骨の歪みの矯正を行い頭・首・肩の筋肉の緊張をほぐして痛みの根本から改善を行っていきます。また痛みがひどく、しびれなどの症状がある場合にはパルス(電気鍼)を使用し、深層筋の緊張を緩和し血流・神経の伝達を正常にしていきます。慢性的な首の痛みや寝違えにお悩みの方はまほろば鍼灸整骨院へご相談ください。