過敏性腸症候群

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 長期間下痢や便秘が続く
  • 腹部膨満感がある
  • 頻繁に腹痛がある
  • ゲップが頻繁に出る
  • 残便感がある

過敏性腸症候群の原因は?

まだ原因を特定できていないですが、主要な原因の一つはストレスだと言われています。

普段からストレスが蓄積しているために、交感神経が優位になりすぎてしまい、極度にストレスがかかる場面で腸が正常に機能しなくなり、症状が出る場合があります。

 

また、普段ストレスにより交感神経が優位になりすぎている方が、急に副交感神経が優位になった時に腸が過剰に動き出したり、過敏に反応したりすることもあります。

 

そして、不規則な生活習慣も腸にストレスを与えることがあります。

過敏性腸症候群の治療法は?

過敏性腸症候群は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れている人が非常に多いです。

 

自律神経に関係が深い骨盤、背骨、頭蓋骨のセンターラインの骨格の歪みがある場合も非常に多いので、センターラインの骨格の歪みを矯正して、自律神経のバランスが整いやすい身体の環境をつくっていきます。

 

また、内臓の調整に効果が高い鍼治療を行うこともあります。

腸が過剰に働き過ぎている場合、反対に働きが停滞している場合において、それぞれの状態に適した経穴を選択して鍼を打ちます。

鍼は非常に細く、痛みをほとんど感じないため、ご安心ください。

 

日常生活で気を付けないといけない事項なども、その方に合わせてアドバイスさせていただきます。

 

過敏性腸症候群でお悩みの方は、まほろば鍼灸整骨院にご相談・お問い合わせください。