自律神経失調症

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 疲れやすい
  • 肩こり、首こりがある
  • 頭痛、めまい、耳鳴りがある
  • イライラしたり不安感がある
  • 不眠である

自律神経失調症の原因は?

自律神経失調症とは緊張したり、活動時に優位に働く交感神経と、リラックス時に優位に働く副交感神経のバランスが崩れてしまうために出る様々な症状です。

 

自律神経失調症には様々な原因があげられます。

 

仕事のストレスや人間関係などの精神的ストレスが、長期にわたり持続すると自律神経のバランスが崩れる可能性があります。

 

また、寝不足や過労、不規則な生活習慣によっても、自律神経のバランスは崩れる可能性があります。

 

女性の場合はホルモンバランスの崩れも、自律神経の崩れにつながる場合があります。

 

男性でも女性でも起こり得るのは骨格の歪みによる筋肉の過剰な緊張です。

自律神経に関係が深い骨盤、背骨、頭蓋骨のセンターラインが崩れると自律神経が崩れる可能性は高くなります。

自律神経失調症の治療法は?

自律神経に関係が深い骨盤、背骨、頭蓋骨のセンターラインの崩れを矯正することにより、筋肉の緊張の緩和、血流の改善、神経の伝達の改善などが期待できます。

 

骨格の構造が正常に維持できるように、正常な骨格の状態で、筋肉を動かすエクササイズをしていきます。

 

また、さらに神経の伝達を促通させる場合や、症状がきつい方には鍼治療をする場合もあります。

 

自律神経失調症は、日常生活の習慣の乱れから起こることも多いため、日常生活におけるアドバイスや効果的なホームワークなども提供しています。