脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 体を反らすと腰が痛い
  • 歩くとだんだん辛くなってくる
  • 腰からお尻にかけて強い痛みがある
  • 座ったり前かがみになると症状が軽減する
  • 腰から足先にかけて痺れや痛みがある

脊柱管狭窄症の症状とは

脊柱管狭窄症では腰から足先への痺れや痛みが特徴です。神経が圧迫されるため、感覚鈍麻や筋力低下が出る場合もあります。また、脊柱管狭窄症で有名な症状として、間歇性跛行というものがあります。これは歩いているとだんだん辛くなって歩けなくなるものの、座って休憩するとまた歩けるようになり、歩行と休憩を繰り返さないと移動できないという症状です。脊柱管は体を反らすと狭まり、前屈すると広がるため、無意識に前かがみの姿勢をとることが多く見られます。

なぜ症状が起きるのか

腰椎の後部には椎弓という骨に囲まれた空間があり、これを脊柱管と呼びます。脊柱管の中は脊髄神経が通っており、下半身の感覚や運動をつかさどっています。この脊柱管が何らかの原因で狭くなり、脊髄神経や血管を圧迫することで腰痛を発症するのが脊柱管狭窄症です。脊柱管が狭くなる原因としては以下のようなものがあります。1つは先天性脊柱管狭窄症と呼ばれる、生まれつき脊柱管が狭い、または成長過程で脊柱管が十分に広がらなかったというものです。もう一つは加齢に伴う脊柱管周辺組織の変性によるものです。周辺組織の変性としては、骨と骨が繰り返しぶつかることで骨棘と呼ばれる小さな骨の突出が形成されることや、骨同士を潤滑に動かすための軟骨の摩耗、骨と骨とを繋ぐ靭帯が硬化したり肥厚したりするものがあります。

脊柱管狭窄症には神経根型、馬尾型、混合型という3種のタイプがあります。神経根型とは、背骨にそって走る脊髄神経が左右の下半身に分岐する部分で圧迫を受けるタイプです。このタイプでは症状は片方の足だけに症状が現れる片側性となることが特徴です。馬尾型とは、馬尾神経と呼ばれる脊髄神経の末端の神経の束が圧迫を受けるタイプです。このタイプでは両足に症状が現れる両側性となるのが特徴です。馬尾型は神経根型に比べ症状が強い場合が多く、前述した症状に加え、お尻や脚の裏が冷たく感じたり、逆に熱く感じたりすることがあります。また、馬尾神経は膀胱や直腸とも深く関係しているため、症状が進行すると、頻尿や残尿感、便秘や尿漏れといった症状も多く見られます。混合型は文字通り、神経根型と馬尾型の混合したタイプです。

脊柱管狭窄症は60歳以降で発症することが多く、症状はゆっくりと進行していきます。症状が進行し、排泄障害などの重い神経症状が出た場合、手術が必要なこともあります。しかし、早期に対処すれば手術をしなくても症状を改善することが可能ですので骨格矯正や筋肉調整をご検討下さい。

まほろば鍼灸整骨院の脊柱管狭窄症治療

まほろば鍼灸整骨院の腰痛治療は、御来院の度に毎回しっかりと全身のチェックを行い、腰痛の根本原因を見極めます。その上で、骨格矯正と筋肉調整により、人間の自然治癒力を高めるとともに、腰に負担のかかる身体の歪みや姿勢のクセを矯正することで、腰痛を再発しにくいお身体の状態に整えます。また、激しい痛みに対しては超音波治療や鍼治療、テーピングなどでも対応させて頂きます。他にもお身体の良い状態をキープするための筋力トレーニングメニューや、痛みの原因物質や老廃物などの循環を改善するリフレクソロジーといったメニューも充実しております。