胸郭出口症候群

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 肩から指先までのしびれが気になる
  • 手や腕がすぐに疲れてしまう
  • 手先が冷たい感じがする
  • 握力が極端に落ちてきた

胸郭出口症候群の原因は?

胸郭出口症候群は上肢のしびれ、だるさ、痛みなどの症状が首周りの骨や筋肉の間隙の狭窄によっておこるとされています。胸郭出口症候群は外傷によっておこることもありますが、原因が特にない状態で腕などに痺れが出ることもあります。これらの症状は女性に多いとされています。
胸郭出口症候群は検査をすることである程度は判断が可能になります。モーレイテストという検査は首周りにある筋肉と鎖骨の間にあるへこみを押すと放散痛や圧痛が出ます。ジャクソンテストでは頸部を伸展し、額へ圧を加えた際に腕に痺れや放散痛がでます。これらのテストが陽性の場合は斜角筋症候群である可能性が高いです。ライトテストでは手首にある橈骨動脈に触れながら肩関節90度外転、肘関節90度の態勢になった際に橈骨動脈の拍動が降れなくなった場合に陽性と判断します。このテストが陽性の場合は過外転症候群と判断されることが多いです。

また頚肋症候群といって本来ないはずの骨が神経、血管を圧迫して症状が出ることもあります。神経症状によって筋肉がやせていく場合もあります。

 

胸郭出口症候群の治療方法

一般的な治療は患部を温めたりというのは筋肉の過緊張を緩和させたりと緊張によって血管や神経が圧迫されてしまっている場合に用いられることがほとんどです。痺れなどの症状が強い場合には服薬や神経節ブロックなどを併用しながら行います。また生活に支障が出るような重症な場合では手術の適用になる可能性があります。におこないますが、牽引によって症状が出ている場合には効果がないと考えられています。

ほかには、なで肩が原因となっている場合は筋力を向上させるためのトレーニングも行います。

これらの症状に対して当院では丁寧な問診を行い、骨盤矯正と筋肉調整をメインに一人一人の原因に合わせた治療をご提案しながら根本改善を行い、痛みが再発しない体づくりを行っていきます。