産後太り

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • ぽっこり出たお腹
  • 産後体重が落ちにくい
  • 骨盤の拡がりが気になる
  • 下半身が太ってきた
  • 産前のズボンが履けない

出産後に肥満になる原因は

出産後のママさんの身体は骨盤が開いて歪んでいる状態にあるため肥満を引き起こしやすくなっています。

まず、妊娠中は赤ちゃんがお腹で育ちやすいようにママさんの骨盤周りの筋肉は緩み骨は開いていきます。

そして出産の際、赤ちゃんが出てきやすいようにさらに骨盤は広がります。この開いてしまった骨盤は産後すぐに戻るものでもなく、ぐらぐらと不安定な状態となっています。これは骨盤を支える内側の筋肉が骨盤の開きにより引き伸ばされ緩んでしまうため、骨盤本来の正常な位置へ戻すことができないのです。またこのとき、骨盤を開きやすいように筋肉をゆるめるリラキシンというホルモンが妊娠から産後3ヶ月ごろまで分泌されます。これらにより、内側の筋肉が緩むため、骨盤の開き・歪みはなかなか戻りにくくとても不安定な状態のままとなります。

骨盤が開いているともちろん腰の幅が広がり見た目にも影響しますが、実は見た目だけでなく、内臓にも影響を及ぼし肥満をまねきます。

症状の改善に必要なこと

骨盤が開いてしまうと骨盤を支える筋肉は引き伸ばされます。そのため骨盤内にはいらないスペースができ、内臓が落ち込んで機能低下となり代謝が悪くなります。この代謝が悪い状態でいくら運動しても効率が悪いのでなかなか肥満から抜け出すことができません。また骨盤の不安定な状態を下半身で崩れないように支えるため、下半身は疲れやすい状態の上、鼠径部にあるリンパの流れや血流が悪くなるので、足がむくみやすくなったり冷えやすくなります。お身体に溜まった毒素や疲労物質はリンパで回収し流していきますが、骨盤の歪みはその通り道をふさいでいる状態ですので、さらに肥満を引き起こす原因につながります。肥満を改善するには開いて歪んでしまった骨盤を正しい位置に戻し緩んだ筋肉を引き締めることが必要となります。

吹田市江坂 まほろば鍼灸整骨院の治療

まず一般的な骨盤矯正は骨盤に対してのみの検査と矯正を行いますが、

当院ではご来院の度に毎回しっかりと全身のチェックを行い、歪んでしまった骨盤の矯正はもちろん、骨盤の上にある背骨の矯正に加え、姿勢の癖や四肢のねじれから歪みを増強させているケースが多いため、こちらの治療までしていくことで改善までの道のりを早くします。

しかし骨の歪みが取れたとしても、内側のゆるんでしまった筋肉を元に戻すことはできません。

これでは良い状態に戻した骨盤を維持することが出来ずに崩れてしまい、再び骨盤は歪みます。

そこで当院では、筋肉のトレーニングを行うことで症状の再発を防ぎます。

当院で行うトレーニングは2種類あり、1つは強制的に筋肉運動を行うEMSという機械を使って、寝転んだ状態のままでも鍛えられる“楽トレ”、もう1つは筋・骨格の知識をもった先生の指導により、鍛えるべき筋肉を実際に身体を動かして鍛える“コアトレ”があります。このどちらかを行うことで“骨盤のゆるみ”まで改善し再び症状のでないように治療していきます。またこれらの運動を行うことで代謝が上がるので、痩せやすい身体づくりもできます。

ほかにもリンパのつまりから引き起こされていた足の冷えやむくみでお困りの方に対し、オイルでのマッサージといったメニューもご用意していますので、トータル的なサポートまでさせていただきます。

そして当院は赤ちゃんをベビーカーに乗せたまま治療ベッドの横まで入れますので、一緒にご来院いただき、安心して治療を受ける事ができます。