産後の腰痛

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 骨盤の開きが気になる
  • 出産後腰痛が出てきた
  • 抱っこのときに腰をかがめると痛む
  • 妊娠中から腰痛に悩んでいる
  • 腰痛で夜ぐっすり眠れない

出産後の腰痛の原因は?

一般的な腰痛は外傷性によるもの、筋骨格系によるもの、内臓疾患系によるものなど様々な原因が考えられますが、中でも出産後の腰痛のほとんどが“骨盤のゆるみ”が原因となります。

この骨盤のゆるみは、妊娠から産後3ヶ月ごろの間で生じます。

妊娠中は赤ちゃんが育ちやすいようにお腹が大きくなりますよね。そのときに骨盤が開いていくため、内側にある骨盤を支えている筋肉が引き伸ばされることによりゆるんでいきます。そして出産のときは生まれやすいようにさらに骨盤は開き、内側の筋肉も大きく引き伸ばされます。またこのとき、骨盤を開きやすいように筋肉をゆるめるリラキシンというホルモンが妊娠から産後3ヶ月ごろまで分泌されます。これらにより、内側の筋肉が緩むため、骨盤の開き・歪みはなかなか戻りにくくとても不安定な状態のままで、日常生活、子育てを行うことになります。身体はそれを支えようと無意識に別の外側の筋肉で補強したり、骨を正常な位置からずらすことでバランスを取ろうとするので、腰周りの骨や筋肉はダメージを受け、腰痛を引き越します。

ほかにも妊娠中は大きなお腹を引っ張り上げようと反り腰の姿勢になりますので、腰の周りの筋肉はとても緊張した状態となり、さらに負担をかけます。

この腰痛を良くするには骨盤を元の位置に戻す骨格の矯正と骨盤内の緩んでしまった筋肉を締めることが必要となります。

産後の腰痛を放置するとどうなるか

腰痛を放っておくと、良くない姿勢のまま筋肉や骨が固まり、二次的に股関節や膝に痛みが出たり、上半身でバランスを取ろうとするので背中や肩の痛みを生じるケースもあります。ほかにも鼠径部や腰周りにある大きなリンパを阻害するので、下半身の循環障害により足の冷えやむくみの原因にもなります。この循環障害は腰の筋肉に血液(栄養)がいきわたりにくくするため腰痛を促し、悪循環をつくっていきます。

吹田市江坂|まほろば鍼灸整骨院の治療について

まず一般的な骨盤矯正は骨盤に対してのみの検査と矯正を行いますが、

当院ではご来院の度に毎回しっかりと全身のチェックを行い、歪んでしまった骨盤の矯正と腰の痛みを増強させているところにまでアプローチするので、骨盤・背骨・痛みを増強させている部位の調整、歪みにより習慣づいてしまった悪い姿勢を改善し、骨格の矯正と外側の筋肉の緊張の緩和をしていきます。

しかし骨の矯正や外側の筋肉の痛みをいくらとっても、内側のゆるんでしまった筋肉を元に戻すことはできません。

これでは良い状態に戻した骨盤を維持することが出来ずに崩れてしまい、再び腰痛を引き起こします。

そこで当院では、筋肉のトレーニングを行うことで症状の再発を防ぎます。

当院で行うトレーニングは2種類あり、1つは強制的に筋肉運動を行うEMSという機械を使って、寝転んだ状態のままでも鍛えられる“楽トレ”、もう1つは筋・骨格の知識をもった先生の指導により、鍛えるべき筋肉を実際に身体を動かして鍛える“コアトレ”があります。このどちらかを行うことで“骨盤のゆるみ”まで改善し再び症状のでないように治療していきます。

ほかにも足の冷えやむくみでお困りの方に対し、オイルでのマッサージなどのメニューもございますので、トータル的なサポートまでさせていただきます。

そして当院は赤ちゃんをベビーカーに乗せたまま治療ベッドの横まで入れますので、一緒にご来院いただき、安心して治療を受ける事ができます。