7月18日~23日のご予約空き状況

2018年07月14日

18日(水)

院長 ×

四方 △ 09:00、12:00~12:20

草野 ×

19日(木)

院長 △ 10:40~12:20

四方 ×

草野 ○ 15:50~17:10(am:×)

20日(金)

院長 △ 09:00~09:20、10:40~11:40

四方 △ 16:10~18:10、16:10~18:10

草野 ○ 15:30~19:30(am:×)

21日(土)

院長 ×

四方 △ 15:10~15:50

草野 ○ 10:40~12:20、14:50~16:50

23日(月)

院長 △ 08:45~11:00、17:30~19:50

四方 ×

草野 ○ 15:50~19:50(am:×)

7月13日~17日のご予約空き状況

2018年07月12日

13日(金)

院長 △ 10:20~11:00、16:30~16:50

四方 ○ 09:20~12:20、15:30~19:30

草野 △ 15:50~18:10(am:×)

14日(土)

院長 △ 15:50~16:30

四方 △ 15:10~16:50

草野 △ 08:45~10:40、14:50~16:10

16日(祝)

休診

17日(火)

院長 △ 11:40~12:20

四方 ○ 15:30~18:30

草野 △ 15:50~18:50(am:×)

7月10日~12日のご予約空き状況

2018年07月9日

10日(火)

院長 ×

四方 △ 11:40~12:20、15:30~15:50、19:30~19:50

草野 × (am:×)

11日(水)

院長 ○ 08:45~10:40

四方 △ 09:20~10:00、12:00~12:20

草野 ×

12日(木)

院長 △ 17:10~17:50

四方 ○ 11:00~12:20、15:30~17:50

草野 ○ 15:30~17:50(am:×)

腰痛にお悩みの方は

2018年07月6日

こんにちは、大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です\\٩( ‘ω’ )و //

もうすぐ梅雨も明けて本格的な夏がやって来ますね!暑くなるとエアコンで身体が冷えたり、アイスクリームなどの冷たい食べ物で体調を崩されないように気をつけてください。
さて、今回のテーマはギックリ腰(腰痛)についてお話しします。
いわゆる「ぎっくり腰」は急に起こった強い腰の痛み、いわゆる腰痛を指す一般的に用いられている通称で、病名や診断名ではありません。何か物を持ち上げようとしたとき、腰をねじるなどの動作をしたときなどに起こることが多いですが、朝起きた直後や何もしないで起こることもあります。痛みの原因はさまざまで、腰の中の動く部分(関節)や軟骨(椎間板)に許容以上の力がかかってけがしたような状態(捻挫、椎間板損傷)、腰を支える筋肉やすじ(腱、靱帯)などの柔らかい組織(軟部組織)の損傷などが多いと考えられます。
最近では大阪北部の地震で急に動いて腰痛を発症されてる方や余震で精神的に弱って、それが原因で腰が痛くなる(心因性腰痛)になる方がたくさんいらっしゃいます。
また、冷たい物で内臓が弱って内臓体性反射内臓からくる反射で痛みや筋肉が固くなり痛みを出す)腰痛を訴える方もいらっしゃいます。
吹田江坂のまほろば鍼灸整骨院では、ご来院された全ての患者様に対し、最初の検査で頭蓋骨を含めた全身の骨格の歪みをチェックさせて頂いております。そして歪みのある部分にしっかりと施術を行い、お悩みの症状の出にくいお身体を提供させて頂いております。急なギックリ腰や慢性的な腰痛にお悩みの方は、ぜひまほろば鍼灸整骨院に一度お越しください。

7月6日~9日のご予約空き状況

2018年07月5日

6日(金)

院長 △ 09:00、16:50

四方 ○ 08:45~10:00、16:10~18:10

草野 △ 16:10~18:10(am:×)

7日(土)

院長 ×

四方 ×

草野 △ 10:20~11:20

9日(月)

院長 △ 15:50~17:30

四方 ○ 10:40~12:20、17:10~18:30

草野 ○ 16:50~18:50(am:×)

しつこい肩こり、なかなか治らない腰痛!問題は内臓にあるかも!お悩みの方は大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院へお越しください。

2018年07月3日

こんにちは大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です。(o^O^o)
暑さも厳しくなり夏を感じる時期ですが、皆さん体調の方は大丈夫でしょうか?今回のブログでは関連痛、内臓痛についてお話したいと思います。
関連痛とは、内臓の不調や病気がある場合に病変のある場所から離れたところで痛みを感じることを言います。例えば心臓の痛みは左肩、下顎に痛みが、胆石症は右肩に痛みが出ます。
内臓痛とは文字の通り、内臓に異常が起こることで痛みを感じるものを言います。そして、腹部の部位からも疾患を特定できます。

・みぞおちの痛み…心臓、胃、食道、大動脈、膵臓
・右上腹部痛…胆嚢、肝臓、腎臓、十二指腸
・左上腹部痛…胃、膵臓、脾臓、腎臓
・下腹部痛…大腸、小腸、尿管、膀胱、子宮
なとがあります。

痛みと言えば筋骨格系に異常があると考えがちですが、なかなか治らない痛みに関して内臓が影響しているケースも多々あります。
大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院では、筋骨格系の調整はもちろん内臓の不調からくる身体の歪み痛みに対しても治療しています。
暑くなり冷たい物を多く摂取したり、冷たい所に居ることも多いこの時期こそ内臓の不調は起こりやすくなります。ただの肩こり、腰痛と軽く考えないで、大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院で一度身体の状態を把握し、調整していきましょう。
大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院でお待ちしています!

まほろば鍼灸整骨院の整体はこちら

まほろば鍼灸整骨院へのアクセス、ご予約はこちら

7月3日~5日のご予約空き状況

2018年07月2日

3日(火)

院長 ○ 10:00~11:00、16:30~17:10

四方 ○ 10:40~12:20、15:30~19:50

草野 △ 16:30~18:10(am:×)

4日(水)

院長 ○ 08:45~10:40

四方 △ 09:40~10:00

草野 ×

5日(木)

院長 △ 18:10~18:50

四方 ○ 11:20~12:20、16:30~19:50

草野 ○ 15:30~18:10(am:×)

6月26日~28日のご予約空き状況

2018年06月25日

26日(火)

院長 △ 08:45~09:20、15:50~16:10

四方 △ 11:20~12:20、16:50~17:10

草野 △ 19:10~19:50(am:×)

27日(水)

院長 △ 09:00

四方 ○ 08:45~12:00

草野 ×

28日(木)

院長 △ 09:00~10:20、18:10~18:50

四方 ×

草野 ○ 15:50~17:50(am:×)

いつも肩こりがひどい!そんなあなたは骨盤や頭蓋骨の歪みが原因かも?吹田江坂のまほろば鍼灸整骨院では頭蓋骨も含めた全身の骨格矯正を行なっております!!

2018年06月21日

こんにちは、大阪府吹田市江坂のまほろば鍼灸整骨院です\\٩( ‘ω’ )و //

先日の大地震、皆さま大丈夫でしたか?我が家は身体は無傷でしたが、ガラスの器がたくさん割れてしまい、この夏は涼しげな器で冷たい素麺という小さな幸せが失われてしまいました…。まだ余震などもあるかもしれません、しばらくの間、ご注意を怠らないてくださいね!

さて、今回は日本人にとって、腰痛に次ぐ身体の不調第2位の肩こりについて書かせていただきます。常に肩が凝っていてマッサージを続けているという方は意外と多いのではないでしょうか?でも、もしかするとその原因は肩ではない場所にあるかもしれません。

                               

肩こりは首、肩周辺の筋肉に緊張状態が続くことでその部分の血流が悪くなり、筋肉の酸欠、栄養不足や痛みの物質が停滞することで発生します。では、なぜ首や肩周辺の筋肉が緊張状態になるのでしょうか?私は首や肩を力ませて生活しています!いう方はほとんどいないはずです。

その原因の多くは首、肩ではなく、周辺の骨格の歪みにあると考えられます。例えば、座っている姿勢が猫背の人はたくさんいらっしゃいます。猫背を詳しく見ると、骨盤が後ろに倒れ、上半身を前に倒すことで背中が丸くなっています。この形は骨盤が後ろに崩れた人にとっては前後のバランスを取るためにやむを得ない姿と言えます。しかし、上半身を前に倒した姿勢では、左右の肩甲骨が離れてしまい、腕の重みを肩だけで支えてあげなければなりません。また、猫背の人が正面を向くためには首を少し上に上げておく必要があります。すると常に首の後方にある筋肉が収縮している状態になってしまいます。このように、骨盤が後ろに崩れていると、猫背姿勢を取らざるを得なくなり、その結果、首や肩の筋肉が緊張して肩こりを発症してしまいます。これでは肩をどれだけほぐしてもすぐ肩こりが再発してしまいます本当に治す必要があるのは肩ではなく骨盤の後方への崩れということになります。

また、頭蓋骨の歪みも侮れません。頭蓋骨は一体物に見えますが、実は23個の骨が噛み合った構造をしており、その噛み合わせに歪みが出ることは珍しくありません。例えば左に虫歯があり、右の歯でばかり物を噛む癖がついていると、咬筋や側頭筋といった噛むための筋肉に左右のアンバランスが生じます。すると頭蓋骨の噛み合わせにもずれが生まれ、左右で高さの差が生まれてしまいます。頭蓋骨に左右の高さの差がでると、首が傾かないように正面を向いておくためには高い側に付いている首の筋肉は常に収縮しておかなければなりません。その結果、首や肩の凝りが発生してしまいます。この場合も肩をほぐすことでは無く、頭蓋骨の歪みを治すことが根本的な治療と言えます。

吹田江坂のまほろば鍼灸整骨院では、ご来院された全ての患者様に対し、最初の検査で頭蓋骨を含めた全身の骨格の歪みをチェックさせて頂いております。そして歪みのある部分にしっかりと施術を行い、お悩みの症状の出にくいお身体を提供させて頂いております。いつまでも治らない肩こりにお悩みの方は、ぜひまほろば鍼灸整骨院で全身の骨格チェックを行い、本当に治すべき部分に施術を受けてみてください。

 

吹田江坂まほろば鍼灸整骨院へのアクセスはこちら

吹田江坂まほろば鍼灸整骨院の頭蓋顔面矯正についてこちら

6月22日~25日のご予約空き状況

2018年06月21日

22日(金)

院長 △ 15:30~15:50

四方 △ 11:20~12:20、16:50~17:10

草野 ○ 15:50~19:50(am:×)

23日(土)

院長 ×

四方 ○ 14:30~16:50

草野 ○ 11:00~12:20、15:50~16:50

25日(月)

院長 ○ 08:45~09:20、16:10~18:10

四方 ○ 11:20~11:40、16:30~18:10

草野 ○ 16:10~19:50(am:×)

1 2 3 4 5 6 7 8 18